温泉博士の温泉手形で湯めぐり

温泉博士の温泉手形で湯めぐり

温泉博士とはなんぞや?温泉に特化した雑誌なんですけど、博士の意味がよく分かりませんよねwwwまあ、いいでしょう、意味なんて分からなくてもw

この温泉博士という雑誌なんですが、その内容よりも何よりも特徴的なのが、付録についている”温泉手形”

この温泉手形を持っているとその手形に記載されている全国の温泉に無料で入り放題!という特典が付いていることなのです。つまりは、どこかに旅行に行く予定があって、その近くのホテルや温泉施設が温泉手形に載っていれば、雑誌代金620円を速攻でペイできる!ということです。一回の入浴で1000円以上する温泉施設も珍しくありませんから1か月間この雑誌を車に積んでおけば、ほぼ損することはないでしょう。

ただし、温泉手形は一冊でひとりだけ有効なので、夫婦や家族、友人や仲間と行くときには人数分の温泉博士が必要です。しかし、発行部数がそんなに多くない雑誌ですから、たまたま本屋さんで見つけても、人数分置いてあるところはまずないでしょう。予定があるならネットで先に購入しないと間に合いません。

 

温泉博士のルール

・温泉博士の温泉手形は入浴料が1,000円を超える場合はその分を負担しなければなりません。つまり、入浴料が1,500円の温泉施設なら、温泉手形を持っていてもあと500円払わないとならない、ということのようです。別途入湯税等が必要な場合もある。

・温泉博士の温泉手形は一冊につき、各温泉施設一回まで有効です。つまり、雑誌一冊につき、同じ温泉には月一回しか入れません。同じ温泉に入るには、正規の料金を払うか、もう一冊温泉博士を購入しなければならないということです。

・土日祝などに入浴出来ない日が設けられていることがあるし、各施設で休館日や入浴時間の制限、清掃などもあるので、なるべく事前に電話で確認した方がよいらしい。

・タオルなどはついていないので必要な入浴道具は自分で用意する。

まあ、とにかく、行く前に一度電話した方が確実だということですねw

温泉博士と日本一周

温泉博士は結構なヘビーユーザーも多い雑誌で、この温泉博士に載っている温泉を巡る旅程を作って周っている人もけっこういるようですし、キャンプ泊やバイクツーリングには最適です。温泉博士には全国の温泉が網羅されているので、車やバイク、自転車などで日本一周しながら温泉博士の温泉手形を利用している人もいるようです。自転車やバイクは体力的にきびしそうですが、車中泊での旅、憧れはありますが、う~ん、しばらくは難しそうで残念ですw

↓↓↓

温泉博士の定期購読はコチラ

 

定期購読じゃなくてとりま最新号が買いたいならアマゾンの方が便利かな

温泉博士 2018年 01 月号 [雑誌]

2017-11-18 | Posted in 旅行Comments Closed 

関連記事