ウィリアムギブソンの黒いMA-1

バズリクソンズのウィリアムギブソンコレクション

以前、物販業界のセミナーで商品に物語を付加すれば、その商品はブランドになりファンがつく。という話を訊いた事があったのですが、まさにそんなジャンバーがここにありました!

ウイリアムギブソンの黒いMA-1はリアルを追及するメーカーが、架空のリアルを探求して作られた伝説のフライトジャケットです。東洋エンタープライズというアメカジ(アメリカンカジュアル)の洋服メーカーにはいくつかのブランドがあります。その中でも一番人気がある”バズリクソンズ”はミリタリーウェアのブランドなのですが、その特徴は徹底したこだわり。例えば、復刻版なら、当時と同じように、スペック、素材、フォルム、パーツに至るまで徹底的にこだわり抜いて作られています。繊維を電子顕微鏡で調べ、赤外線で分析し、強度や融点を調べ、現在の機械で復刻できない生地であれば当時の機械を直して作るところまでこだわっているそうです。

まさにマニアックwww作り手がここまでマニアックになってしまえば、着る方もこだわらずにはいられませんw

そんなリアルに徹底したこだわりを持つ作り手が、なぜ本当には存在しない架空のフライトジャケットを作るに至ったのか?それもまたおもしろい物語であり、だからこそ、そのフライトジャケットを手に入れたくなる原因です。(簡単にハメられてるけどw)

 

ウィリアムギブソンの黒いMA-1

ウイリアムギブソンはアメリカのSF作家です。「ニューロマンサー」が代表作。サイバーパンクといわれる作風で、カオスな近未来世界や電脳空間といったイメージの、映画でいえば「ブレードランナー」や「アップルシード」といった感じの世界観がピッタリくる人です。

そのウイリアムギブソンの「パターン・レコグニション」という作品の中に実際の歴史上には実在しないバズリクソンズの黒のMA-1を登場させました。そしてそれを知った東洋エンタープライズ=バズリクソンズがその存在しない「バズリクソンズの黒のMA-1」の制作を開始したのです。

どうやら、ウイリアムギブソンもビンテージのフライトジャケットのコレクターだったようで、バズリクソンズという日本のメーカーのこだわりを知り感化されたのか、彼の書くその物語の中に存在しない架空のフライトジャケットを登場させたようです。

 

ウィリアム・ギブソンのMA-1の値段

ウイリアムギブソンの「パターン・レコグニション」の主人公が黒のMA-1を宝物として扱っていたように、実際の「BLACK MA-1」も結構なお値段がします。ふだん洋服にはあまり頓着しない質の自分としてはたかがナイロンジャンバー一枚に出せる予算のはるか上空ですが、さすがにそれだけの物語を持つフライトジャケットなのですから、もし路頭に迷った時には古着屋に売れば当座をしのげる幾ばくかにはなるんじゃね?という、少しよこしまな考えも持ちつつ・・・

Amazonでは53000円前後 ↓↓↓

ウィリアム・ギブソン バズリクソンズ MA-1

 

楽天では中古で30,000円前後 ↓↓↓
ウィリアムギブソン バズリクソンズ MA-1 40■【中古】

 

新品ではやはり53000円前後 ↓↓↓でした

バズリクソンズ ブラック MA-1 ウイリアム・ギブソン

 

中古はもちろん、新品も在庫切れになる場合が多いので気を付けて下さい。

あと、ウイリアムギブソンコレクションでもMA-1じゃない形のジャケットもいろいろあるので注意が必要です。

 

MA-1の忠実な復刻版とはいえ、本当は入っているはずの左腕のポケットの銃弾は、当然ですがプラスチックのイミテーションであります。まあ、銃弾の入っているフライトジャケットを日本で来ていたら捕まっちゃいますけどねwww

 

 

2017-11-25 | Posted in ファッションComments Closed 

関連記事