開明獣

今回製作したEAを「開明獣」と名付けました。

開明獣は、古代中国において崑崙山で9つの門を守る知を司る神獣

で虎の体と九つの人間の頭を持つ、とされています。

 

今回開発したEA・開明獣は2つのロジックからなるドル円・5分足専用のEAです。

特徴としては損大利小で最大ポジションはロジックごとに2つ、

最大4つのポジションを持ちます。

各ロジックでエントリー条件が異なるので、稀に両建てになる場合もあります。

2005.1/10~2017.12.31(0.1Lot)までのバックテストでは、

1lot当たりの

最大勝ちトレード 194.71

最大負けトレード -130.86

平均勝ちトレード 19.07

平均負けトレード -33.49

勝率       67.99%

 

となっています。

トレール機能や建値決済機能、条件による決済等もあり、

トータルで見るとやや損大利小気味の結果になります。

 

こちらのEAの特徴的な点として、

マックスで同時に2ロジック×2ポジション=4ポジション

まで持つ場合があるとはいえ、

13年間で11455回のエントリー回数の多さにあります。

エントリー回数(試行回数)が多いのに利益が上がっているということは、

運用する上で、ブレや紛れが少なくなるということです。

開明獣は13年のバックテスト期間中、年間トータルでマイナスになったことのない

堅実なロジックを搭載してます。

長時間足でトレンドを見極め、短時間の足でタイミングを計ってエントリーする、

という基本に忠実なロジックであるからこそ

長期に渡って利益を上げ続けていけるのだと思います。

 

 

今回、トレード分析ツールで開明獣を分析していて一つの指標が目につきました。

SQN SCORE

System Quality Number

「期待値/標準偏差×√100」で計算されるシステムの品質の評価値。

評価方法は以下の通り。

1.6~平均以下 2.0~平均 2.5~良い
3.0~優秀 5.1~最高 7.0~聖杯

 

こちら、SQN SCORE はあまり聞かない指標ですが、

この指標に当てはめてみると、

かなりの高評価www

自分の子供が褒められているようで、なんだかうれしいですw

2018-11-27 | Posted in 開明獣No Comments » 

関連記事

Comment





Comment