開明獣の2

前回紹介したEA・開明獣ですが、

このEAには週末決済やエントリー不可の時間指定がついていません。

厳密にはワザと付けていない、という方が正しいのですがw

それは何故か?といえば、

その方がバックテストの成績がいいから。

というのが答えになります。

 

何度も条件を変えて繰り返しバックテストをしてみましたが、

週末にポジションを閉じたり、

ロールオーバーの時間帯にエントリーを制限するより、

そのままEAを稼働させておく方がよい結果が得られたからです。

 

しかしながらもちろん、実際の運用において

諸々の条件に合わせて裁量を取り入れることは否定しません。

週末の窓開けが嫌だから、とか

指標で大きな動きがありそうで、

スプレッドが広がることが予想されるため、等々、

不利な条件が重なりそうなのに

「稼働しっぱなしがデフォだから、」

とそのままにしておいて損が出た時は、やはり後悔しますw

あくまでもバックテストは過去の結果であって、

未来の勝敗を保証するものではありません。

指標などで大きく動く時は大きく儲かることもあれば、

逆に大きな損切りになることも、もちろんあります。

そんなところで一か八かのギャンブルをするよりも、

安定して稼げるであろう場所で取り引きする方が、

精神を安定させるためにもいいとは思います。

 

 

この開明獣は、分類すると

デイトレードのEAに分類されるでしょうか。

上記の通り、エントリーから4~16時間以内での決済が

取り引きのほとんどを占めています。

時々トレンドレスの相場が続くと決済に数日掛かることもあります。

このポジション保持時間で、

バックテスト13年間・マックスポジション×4・

エントリー回数11455回ということは、

1年間で平均 811回

一か月で平均  67回

一日の平均は3.35回

のエントリーということになります。

現在のフォワードテストを見ていてもほぼ毎日

ポジションを持っている感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

2018-11-28 | Posted in 開明獣No Comments » 

関連記事

Comment





Comment